CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ココロのメルマガ小説『“地震”オバサン…コンビニものがたり2(後編)』志賀内泰弘 | main | ココロのメルマガ小説『スローフードなお仕事(前編)』志賀内泰弘 >>
★いい言葉で賞★『また、あした(第一回受賞作品)』たった一言でコンテスト
◇たった一言でコンテスト http://hitokotode.com/


東京都八王子市
名前:知久尚之


<心に響いた「たった一言」>
『また、あした』


<「たった一言エピソード」>
あれは、中学三年の運動会、クラス対抗リレーの時でした。
アンカーは、僕で、みんなの熱い声援を受け、風を切って走り出しました。

何とも晴れやかな気分なのは、誰一人、僕の前を走る者はなく、
二番手も遥か後の方にいたからです。

それが、ゴール目前、足を捻ってしまい、瞬間、体が宙に浮き上がると、
もの凄い勢いで地面に倒れ込んでしまいました。

「あ〜」

と、大きな溜息があたりにこだまし、
一人、また、一人と抜かれて行ってしまったのです。

楽に勝てる筈の対抗リレーは、結果、三位に終わってしまいました。

次の日、教室に入ると、みんなの落胆は、僕以上に大きかったようで、
じろじろ僕の顔を見るだけで、誰一人、話しかけて来る者はいませんでした。

放課後、いつも一緒に帰る友達でさえ、声をかけてくれなかったのです。
一人、ケガした足を引きずりながら、下駄箱まで来ると、ぽろぽろ、ぽろぽろ、
涙が足にこぼれ落ちて来ました。

今日、一日、我慢していたものが、どっと溢れ出て来たのです。
もう、明日、学校なんて行くのは、止めようと思いました。

しばらくして、やっと涙も乾き、靴を履き終えると、
目の前に同じクラスの子が立っていました。

彼は、クラスの中でも、あまり目立たない存在で、
どちらかといえば仲間はずれにされている子でした。

その彼が、心配そうに僕の足元を見て、口を開いたのです。

「足、大丈夫?」

一瞬、言葉に詰りました。

「じゃ、また、あした」

彼は、はっきり、そう言うと後を振り向き、
一人帰って行ったのです。

明日が見えない僕に、また、明日だなんて……。

次の朝、あのみんなの視線を思い出し、
学校へ行くのをためらいました。

でも、また、あした……。
その一言が、僕に勇気を与えてくれたのでした。


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]志賀内著「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」


事務局の小島です。
編集長の志賀内が昨年末に新刊を出版いたしました。

「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」ダイヤモンド社

おかげさまで大変売れておりまして、一時、書店からもアマゾンからも
在庫がなくなる“ハプニング”も起こりました。

ようやくアマゾンからも購入できるようになりましたので、
ご案内させていただきます。

◆志賀内の書籍


[ 3 ]『プチ紳士スターターパック』完成です!


「プチ紳士運動について、もっと詳しく知りたい!」
「ギブ&ギブって、どういうこと?」

など、知りたい方にぴったりのセットをご用意いたしました。

▼プチ紳士スターターパック


また、こちらもおススメ。

▼人気日めくりカレンダー5点セット


   -   -   -


《追伸(小島)》『肉のおじさん?』


昨晩のこと。

夕食を食べていると長男が言いました。

長男「このおにく、おいしいね!」

※「おにく」とは、妻が夕飯に作った鳥肉のフライ。

妻「そうお、うれしいわ」

長男「あのおにくみたい!」

妻「あのおにくって?」

長男「ほら、おじさんがでている…、
    おにくのおじさんの…」

妻「おにくのおじさん?」

長男「ほら、おばあちゃんちでたべたやつ!」

妻「あ〜、ケンチキ(ケンタッキーフライドチキン)ね」

やっぱりキャラクターって、重要ですね。(笑)


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


★☆月刊紙を発行しています!(年間購読料2,500円/12回発行)

| たった一言で(第一回受賞作品) | 12:33 | - | - | pookmark |