CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
★こころぽかぽか賞★『きっと思いは通じるから(第一回受賞作品)』

◇たった一言でコンテスト http://hitokotode.com/


福岡県福岡市
名前:竹内裕美


<心に響いた「たった一言」>
『きっと思いは通じるから』


<「たった一言エピソード」>
私は、中学校で教師をしています。

数年前、私はとても荒れた学校に勤めていました。

生徒の中には、教科書を持ってこない、授業中に抜け出すなど、
毎日が格闘の連続でした。

その勤務校で1週間経った後、
前任校の校長先生にお会いする機会があり、
私は思わず泣き崩れ、弱音を吐いてしまいました。

自分がどんなに生徒に話をしても聞いてくれない、
向き合ってくれないと話をする私に、
校長先生はこうおっしゃいました。

「あなたが一生懸命に向き合おうとしていることを、
 生徒は必ず分かる時がくる。
 その一生懸命をもう少し続けてごらん。
 きっと思いは通じるから」

と励ましてくださいました。

私は、その校長先生がおっしゃったことを信じて
これまでどおりの指導を続けました。

その甲斐あってか、これまで教科書をもってこなかった生徒が
教科書を持ってくるようになり、
授業を抜け出すこともなくなりました。

校長先生の一言がなければ、あきらめていたことでしょう。

本当にこの一言が私に勇気と力をくれた、そう思っています。

と、同時に、どんなに突っ張っている生徒でも、
何かのきっかけを待っている、そう思えるようになりました。

そして、今日もそのきっかけを待っている生徒と
向き合って教壇に立ちたいと思っています。


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]志賀内の講演会のお知らせ


志賀内が一般参加できる講演会に出演いたします。
お時間がございましたら、ぜひご参加ください。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥:*.+★
          【 ご 案 内 】

        にんげんクラブ名古屋大会

     [共同開催] ワクワク健幸博2011

    テーマ:「天律の時代を豊かに幸せに生きるコツ」

★+.*:‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


 開催日:2011年3月19日(土) 10:30開演(10:00開場)
 会場: 名古屋市中小企業振興会館

 出演者(敬称略):
 志賀内泰弘(「プチ紳士・プチ淑女を探せ!」運動代表・コラムニスト)
 澤田升男(経営コンサルタント・WEDGEグループオーナー)
 長谷川章子(ミッションナビゲーター)
 船井 勝仁 ((株)船井本社 代表取締役)
 佐野浩一 ((株)本物研究所 代表取締役) 

 ▼問合せ・お申し込みは、にんげんクラブ大会事務局へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

(文責:にんげんクラブ大会 統括本部長 船井勝仁)



[ 3 ]『プチ紳士スターターパック』完成です!


「プチ紳士運動について、もっと詳しく知りたい!」
「ギブ&ギブって、どういうこと?」

など、知りたい方にぴったりのセットをご用意いたしました。

▼プチ紳士スターターパック


また、こちらもおススメ。

▼人気日めくりカレンダー5点セット


   -   -   -


《追伸(小島)》『十数年変わらぬチョコレートケーキ』

バレンタインの日。

我が家は“紅一点”の妻が
一人で男三人分のバレンタイン(料理とチョコ)をしました。

…と言ってもチョコレートは、
私たちが付き合い始めてから十数年間、
形も素材もまったく変わらないチョコレートケーキですが。。。

変わらぬ愛情といえばそうですが…。

結婚しても子どもが生まれても、
同じというのもね〜。

まぁ、妻が三人分のバレンタインをしたからといって
ホワイトデーが三人分返ってくることはありませんが。


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


★☆月刊紙を発行しています!(年間購読料2,500円/12回発行)
| たった一言で(第一回受賞作品) | 16:45 | - | - | pookmark |
★ハッピー賞『お母さんの作れる料理(第一回受賞作品)』
◇たった一言でコンテスト http://hitokotode.com/


広島県広島市
ペンネーム:長谷川こまち


<心に響いた「たった一言」>
お母さんの作れる料理


<「たった一言エピソード」>
現在、5歳の長女を筆頭に、3歳長男、1歳次女の
ほとんど年子の育児真っ只中。

3人は仲良く遊んでいても
すぐにけんかになり、ついついイライラ。。。

そんな日常を送っている日々でのこと。

ある日 お料理本を見ていたら、
暇をもてあます3人が寄ってきた。
  
私「どのお料理を作ってほしい??」

と聞くと
  
次女 「こえーこえー(「これとこれ」のつもり)」

息子 「これとこれとこれ」 (すべてウインナーの使ってある料理)」

・・・私をじっと見て、

長女「お母さんが作れる料理がいい」

思った以上に長女には気を使われていて
よく見ているのだと感じた一言でした。

反省しました。


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]志賀内著「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」


事務局の小島です。
編集長の志賀内が昨年末に新刊を出版いたしました。

「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」ダイヤモンド社

おかげさまで大変売れておりまして、一時、書店からもアマゾンからも
在庫がなくなる“ハプニング”も起こりました。

ようやくアマゾンからも購入できるようになりましたので、
ご案内させていただきます。

◆志賀内の書籍



[ 3 ]『プチ紳士スターターパック』完成です!


「プチ紳士運動について、もっと詳しく知りたい!」
「ギブ&ギブって、どういうこと?」

など、知りたい方にぴったりのセットをご用意いたしました。

▼プチ紳士スターターパック


また、こちらもおススメ。

▼人気日めくりカレンダー5点セット


   -   -   -


《追伸(小島)》『黒酢飲んだな事件の“真相”』


妻「私の黒酢、飲んだでしょ?」

と私の顔をにらみながら言いました。

私「知らんよ、飲んでないよ」

妻「だって、ないもん!」

妻は通販で黒酢のサプリメントを
“自腹”で買っています。

私「オレが飲むわけないやん、よく探したら」

と私が冷蔵庫を探すと、
すぐに未開封の黒酢が見つかりました。

妻「あっ、ごめんなさい…」

私「あのね〜、もっとよく探してから、
   人に言ってくれる?」

そこへ長男が、

長男「ママ、いつもぼくたちにも
    そういっているし」

妻「すみません…」

いつも子どもたちが自分の物がみつからないと、

「ママ〜、あれ、どこいった〜?」

と聞くためです。

まぁ、お互い様ということで。


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


★☆月刊紙を発行しています!(年間購読料2,500円/12回発行)
| たった一言で(第一回受賞作品) | 07:11 | - | - | pookmark |
★いい言葉で賞★『また、あした(第一回受賞作品)』たった一言でコンテスト
◇たった一言でコンテスト http://hitokotode.com/


東京都八王子市
名前:知久尚之


<心に響いた「たった一言」>
『また、あした』


<「たった一言エピソード」>
あれは、中学三年の運動会、クラス対抗リレーの時でした。
アンカーは、僕で、みんなの熱い声援を受け、風を切って走り出しました。

何とも晴れやかな気分なのは、誰一人、僕の前を走る者はなく、
二番手も遥か後の方にいたからです。

それが、ゴール目前、足を捻ってしまい、瞬間、体が宙に浮き上がると、
もの凄い勢いで地面に倒れ込んでしまいました。

「あ〜」

と、大きな溜息があたりにこだまし、
一人、また、一人と抜かれて行ってしまったのです。

楽に勝てる筈の対抗リレーは、結果、三位に終わってしまいました。

次の日、教室に入ると、みんなの落胆は、僕以上に大きかったようで、
じろじろ僕の顔を見るだけで、誰一人、話しかけて来る者はいませんでした。

放課後、いつも一緒に帰る友達でさえ、声をかけてくれなかったのです。
一人、ケガした足を引きずりながら、下駄箱まで来ると、ぽろぽろ、ぽろぽろ、
涙が足にこぼれ落ちて来ました。

今日、一日、我慢していたものが、どっと溢れ出て来たのです。
もう、明日、学校なんて行くのは、止めようと思いました。

しばらくして、やっと涙も乾き、靴を履き終えると、
目の前に同じクラスの子が立っていました。

彼は、クラスの中でも、あまり目立たない存在で、
どちらかといえば仲間はずれにされている子でした。

その彼が、心配そうに僕の足元を見て、口を開いたのです。

「足、大丈夫?」

一瞬、言葉に詰りました。

「じゃ、また、あした」

彼は、はっきり、そう言うと後を振り向き、
一人帰って行ったのです。

明日が見えない僕に、また、明日だなんて……。

次の朝、あのみんなの視線を思い出し、
学校へ行くのをためらいました。

でも、また、あした……。
その一言が、僕に勇気を与えてくれたのでした。


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]志賀内著「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」


事務局の小島です。
編集長の志賀内が昨年末に新刊を出版いたしました。

「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」ダイヤモンド社

おかげさまで大変売れておりまして、一時、書店からもアマゾンからも
在庫がなくなる“ハプニング”も起こりました。

ようやくアマゾンからも購入できるようになりましたので、
ご案内させていただきます。

◆志賀内の書籍


[ 3 ]『プチ紳士スターターパック』完成です!


「プチ紳士運動について、もっと詳しく知りたい!」
「ギブ&ギブって、どういうこと?」

など、知りたい方にぴったりのセットをご用意いたしました。

▼プチ紳士スターターパック


また、こちらもおススメ。

▼人気日めくりカレンダー5点セット


   -   -   -


《追伸(小島)》『肉のおじさん?』


昨晩のこと。

夕食を食べていると長男が言いました。

長男「このおにく、おいしいね!」

※「おにく」とは、妻が夕飯に作った鳥肉のフライ。

妻「そうお、うれしいわ」

長男「あのおにくみたい!」

妻「あのおにくって?」

長男「ほら、おじさんがでている…、
    おにくのおじさんの…」

妻「おにくのおじさん?」

長男「ほら、おばあちゃんちでたべたやつ!」

妻「あ〜、ケンチキ(ケンタッキーフライドチキン)ね」

やっぱりキャラクターって、重要ですね。(笑)


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


★☆月刊紙を発行しています!(年間購読料2,500円/12回発行)

| たった一言で(第一回受賞作品) | 12:33 | - | - | pookmark |
こころぽかぽか賞『ぼくにあかちゃんをくれてありがとう(第一回受賞作品)』
◇たった一言でコンテスト http://hitokotode.com/


三重県伊勢市
ペンネーム:ちょびとら


<心に響いた「たった一言」>
「ぼくにあかちゃんをくれてありがとう」


<「たった一言エピソード」>
私には7歳と5歳になる二人の息子がいます。

次男が生まれたばかりの頃、私はあるお店の店長を任されていました。
産休を取るのもそこそこに復帰したこともあり、
体力的にも精神的にもかなりハードな毎日を送っていました。

正直なところ、赤ちゃんはかわいいけれど

(いま、二人目を生んだのは正しかったんだろうか・・・)

などと口には出さなくても、一人で悩むこともありました。

ある日、ベットに寝転んでいる赤ちゃんをあやしていると、
3歳になったばかりの長男が言いました。

「ちゃあちゃん(おかあちゃん)。
 ちゃあちゃんの おなかのあかちゃん どこいったの?」

そんなことが不思議なんだなぁと思いながら、

「目の前で寝ているこの赤ちゃんがお腹にいたんだよ。」

と私。

「ふーん。・・・いたかった?」
「そうなぁ。いたかったよ。
 でも、天ちゃんを生んだときもいたかったんだよ」
「ふーん。ごめんなぁ。」
「いえいえ。どういたしまして! 
 赤ちゃんを産むのは幸せな痛みなんだよぉ。」

長男がやさしい気持ちを覚えつつあることに感心していると、
すこし間をおいて息子がいいました。

「ちゃあちゃん。ぼくにあかちゃんくれて ありがとう!」

まさか3歳児がそんなことを言うなんて!
聞き違いかと思い聞きなおすと、こんどはゆっくり、

「だから、ぼくのために赤ちゃんをくれて、ありがとうってゆったんやよ」

あぁ! ありがとう。ありがとう。ありがとう。
こらえていたものが溢れ出します。

たしかにそうだったんです!

仕事があまりにも忙しくて、
息子を保育所にお迎えに行けるのはいつも午後7時を過ぎてから。

もちろん、いつも最後の一人です。
『こんなとき兄弟がいてくれたら・・・』という思いから、
夫婦で相談して赤ちゃんをという話になったのでした。

それを知ってか知らずか・・・。

本当に救われた気持ちになりました。
そして、あらためて何が一番大切なのかを考えるきっかけをくれました。

その後、私は店長を降り、転職をしました。
いまも仕事を持ってはいますが、一番大切なものを見失うことはありません。
そして、二人の子供を産み育てることができることに、心から感謝しています。


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]志賀内著「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」


事務局の小島です。
編集長の志賀内が昨年末に新刊を出版いたしました。

「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」ダイヤモンド社

おかげさまで大変売れておりまして、一時、書店からもアマゾンからも
在庫がなくなる“ハプニング”も起こりました。

ようやくアマゾンからも購入できるようになりましたので、
ご案内させていただきます。

◆志賀内の書籍



[ 3 ]『プチ紳士スターターパック』完成です!


「プチ紳士運動について、もっと詳しく知りたい!」
「ギブ&ギブって、どういうこと?」

など、知りたい方にぴったりのセットをご用意いたしました。

▼プチ紳士スターターパック


また、こちらもおススメ。

▼人気日めくりカレンダー5点セット


   -   -   -


《追伸(小島)》『あきひろくんが迷子…?』


土曜日に家族で買い物に行きました。
目的は子どものスキーグッズを買うため。

<余談>長男はJボードが上手なのでスノーボード。
次男はインラインスケートが上手なのでファンスキーに
しました。(親の独断と偏見です…笑)

子どもたちは自分のスキーグッズが買える喜びで、
おおはしゃぎ。店内をぐるぐる走って回りました。

すると、ふと気付いた時には、一人いません!
わんぱく盛りの次男です。

私「あれ、ケイスケがいないなぁ〜」
妻「また、どこか“タンケン”でもしているんじゃない?」
私「カズ(長男)、探してきて」
長「わかった!」

そして、数分後。

長「いないよ」
私「えっ、いない!?」

そこにタイミングよく店内アナウンスが流れます。

店「あきひろくんのお父さんとお母さん、
   あきひろくんが入り口近くでお待ちです。
   至急、お越し下さい」

私「あきひろくん? 迷子!?」

「あきひろ」とは私の名前。
しかも、ドンピシャでの“迷子放送”。

私と長男は(まさか…)と思いながらも
入り口近くの総合受付に行くと、泣きじゃくった次男がいました。

おそらく店員さんに「お名前は?」と聞かれて、
とっさに私の名前を言ったようです。

普段は横着な次男ですが、さすがにこの日は
迷子になったショックでおとなしかったです。

しかし、油断していました。

6歳児は、まだまだ迷子になる年頃なんですね。。。
気をつけないと。(汗)


◆プチ紳士お便り係り◆
皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


★☆月刊紙を発行しています!(年間購読料2,500円/12回発行)
| たった一言で(第一回受賞作品) | 08:02 | - | - | pookmark |
★いい言葉で賞★『結果が全てではないが、全ては結果だ(第一回受賞作品)』


東京都町田市
ペンネーム:一番弟子


<心に響いた「たった一言」>
「結果が全てではないが、全ては結果だ」


<「たった一言エピソード」>
私はヨット競技に20年以上携わっているが、
そのヨットの師匠に言われた言葉がある。

その後の私の人生における座右の銘になったと言ってもいいかもしれない。

大学に入ってから体育会のヨット部に所属し、四年間を過ごした。

親の「勉強しろ」の説教にも耳を貸さず、
大学生活はほぼヨット一色だったと言ってもいい状態だった。

そして卒業後、社会人になった時、就職した企業のヨット部に、
後に師匠となるあの人はいた。

図らずも、現役を引退しコーチになったばかりで、
丁度私達が一期生の形であった。

実は、師匠は選手時代にオリンピック代表になった程の腕前である。
だから、その高い技術を伝授して貰えるもの期待していた。

しかし、そのスタンスは叱咤しない代わりに激励もしない。
あくまでも、

「俺はこうやった。後は自分で考えろ!」

というものであった。やり安さを感じた反面、
やや拍子抜けな面も感じていた。

そんなある日、師匠に呼ばれ、珍しくお説教をされた。
内容は、私のレース結果が思わしくないコトに対する叱咤だった。
いつも通り、激励は無い。それを少し不満に感じたのかもしれない。

確か「そんなこと言ったって、俺だって一生懸命やっているんですよ。」的な
コトを言ったと思う。すると、こんな言葉が返ってきた。

「結果が全てではないが、全ては結果だ」

言い返す言葉が見つからなかった。
と同時に、言い訳をする自分自身の甘さにも気づかされた。

ただ、師匠が教えたかったのは、決して勝利至上主義ではない。
本来は結果よりも、そこに行き着くプロセスの方が何十倍も大事である。

しかしそれを一つ一つ汲み取っていたのでは、
スポーツの勝敗は、その意味を失ってしまう。

だからこそ、結果が追い求められ、
結果が出ない努力はその輝きを損なう。

ヨットがスポーツである以上、
スポーツが勝敗を決するものである以上、厳しいがそれが現実である。

師匠は、それを私に教えたかったのだ。

これ以来、自分自身でもヨット競技に対して取り組む姿勢が変わったと思う。
あくまでも努力に結果はついてくる。それは紛れも無い事実だ。

しかし、その努力=練習が練習の為の練習ではなく、
試合のための練習でなければならない。

やがて、それは仕事をする上でも意識されるようになっていった。
残念ながら、必ずしも常に好結果が出ているわけではない。
たが、むしろ悪い時ほど、この言葉を思い出す。

「頑張ったんだから」と、自分に言い訳をしていないかと…
いずれの結果も、責任は自分にあることを強く意識し、
全てを受け止め、これからも歩んでいきたい。


皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]志賀内著「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」


事務局の小島です。
編集長の志賀内が昨年末に新刊を出版いたしました。

「なぜ、そうじをすると人生が変わるのか?」ダイヤモンド社

おかげさまで大変売れておりまして、一時、書店からもアマゾンからも
在庫がなくなる“ハプニング”も起こりました。

ようやくアマゾンからも購入できるようになりましたので、
ご案内させていただきます。




[ 3 ]『プチ紳士スターターパック』完成です!


「プチ紳士運動について、もっと詳しく知りたい!」
「ギブ&ギブって、どういうこと?」

など、知りたい方にぴったりのセットをご用意いたしました。


また、こちらもおススメ。


   -   -   -


《追伸(小島)》『次男から衝撃? の発言』


「パパ、きょうね」

次男は嬉しそうに私に話しかけました。

私「何? どうしたの?」

次男「きょうね、せんせいに
    いちどもおこられなかったよ」

私「はぁ? なに!」

どうも次男は、毎日怒られているようです。

もうすぐ小学生というのに、
次男はクラスの“困ったちゃん”のようです。。。


皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


| たった一言で(第一回受賞作品) | 12:58 | - | - | pookmark |
★ハッピー賞★『気は長く心は丸く腹立てず口慎めば命長かれ(第一回受賞作品)』


和歌山県和歌山市  ペンネーム:アリヤン


<心に響いた「たった一言」>
気は長く心は丸く腹立てず口慎めば命長かれ


<「たった一言エピソード」>
昨年の定期健康診断の結果から
大腸カメラによる検査をすることになった。

その結果、お医者さんからは、

「直ぐに手術しなさい」

という予期せぬ言葉でした。

その時は何を言われているのか理解できませんでしたが、
次に言われた内容は「初期ですが悪性です」

この言葉で私の頭の中が真っ白になり、
その後色々な説明を受けましたが頭の中に入ってきませんでした。
 
普段はジョギングや山登り、ゴルフ等スポーツが大好きで体力や健康には自身があり、
今回の「告知」には自覚症状が全くなく、納得できずショックでした。

お医者さんの最後の言葉は「切れば必ず完治する」との説明により、
仕方なく手術に備えました。

手術の当日、待ち時間が長くこれほど不安でイライラしたことはなかったが、
ふと自分の財布を何気なく覗くと、以前、地元の紀三井寺参拝時に貰った
「しおり」に目が留まった。

しおりには、

「気心腹口命」
(書体は「気」細長く「心」丸く「腹」横向き「口」小さく「命」縦長)

と漢字五字が書かれてあり、
「気は長く心は丸く腹立てず口慎めば命長かれ」と解説されていました。

この書体の面白さと文面で何となく心が穏やかになり、
客観的に自分を見つめることができるようになった。

手術室に入ったのは当然初めての経験。
ベットから上を見るとテレビドラマではよく見る手術用の丸いライトがいくつも見え、
看護師が、

「麻酔をします。名前を言ってください」

の声が聞こえたが、返事をしたかどうか?

その後は夢の中・・・でした。

「起きて下さい」

と看護師の声。
その時私は麻酔が醒め、

「良いところで起こすなよ!!」

と怒鳴ったということでした。(自分は覚えていない)

実は、手術中、ゴルフの夢を見ていて
バーディ-パットをするときに起こされた状態でした。 

手術後は、投薬や治療は不要との診断。

「あ-あ良かった。神様仏様有難うございました」

と私は心の中で叫んでいました。 

今回の経験はあまりしたくない経験でしたが、
家族や周りの人への感謝と健康のありがたさや人生観も少し変わった感じがします。 

「気は長く心は丸く腹立てず口慎めば命長かれ」

健康で生きがいのある人生をおくれたらそれに勝つるものはありません。
この心境で会社に出勤できる喜び、スポーツや趣味ができる喜びが沸いてきます。

さあーゴルフもいけるぞー!! 



皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]【最新作!日めくりカレンダー】のご案内です!


プチ紳士の日めくりカレンダーといえば、
シリーズ合計で1万2千冊の販売数をほこる人気商品です。

今年で5作目。

いつも制作担当をしている小島としても年々カイゼンを加え、
今年も素晴らしい日めくりカレンダーが完成いたしました!

(いかにメッセージに“一目ぼれ”をしてもらうかが、制作担当としての勝負なのです!)

今回、編集長志賀内と共作していただいたのは月刊紙「プチ紳士からの手紙」でも執筆を
担当していただいている比田井ご夫婦。

比田井ご夫婦といえば、
著書「私が一番受けたいココロの授業」(ごま書房新社)が、
シリーズ計17万部突破のベストセラーで有名です。

そこで、今回の日めくりカレンダーのタイトルは、
----------------------------------------------

    日めくりカレンダー

▲動画(1分間)で商品説明しております! ぜひ、ご覧ください。

----------------------------------------------

今回は、よりメッセージが心の残るように
文字の大きさにアクセントをつけ、見た瞬間に要点がわかるように
工夫いたしました。

日めくりカレンダー「ココロの授業 きょうの言葉」の紹介ページは、
動画で特徴を説明しています。ぜひ、動画もあわせてご覧ください♪

なお、過去4作もあわせてご購入されたい方は、
こちらが便利です。


さらに、「プチ紳士運動」がはじめて、という方には、
こちらがおススメ。



   -   -   -


《追伸(小島)》『寒くなるから気をつけてね?』


「明日は寒くなるから、気をつけてね」

と妻から言われました。

毎日、雨が降らなければ片道5kmの駅までの道のりを
自転車で往復する私と、1km先の会社に車で行く妻。

どうみてもおかしい“現実”に
一度、妻に「ご質問」させていただきました。

すると妻は、

妻「子どもの送り迎やいろいろあって、車しかないの」

という「ご回答」。

う〜ん、今朝も真っ暗の中、
出勤してきました。。。

ちなみに、年中、出勤も帰宅も暗闇の中を自転車で
かっ飛ばしてくるので、自転車のライトの電球が半年で切れます。

オレでも“切れない”のに…。


皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


| たった一言で(第一回受賞作品) | 19:09 | - | - | pookmark |
★ハッピー賞★『派遣は派遣(第一回受賞作品)』たった一言でコンテスト
 ◇たった一言でコンテスト

新潟県妙高市
ペンネーム:1817

<心に響いた「たった一言」>
★ハッピー賞★
「派遣は派遣」


<「たった一言エピソード」>

2008年秋。 
「百年に一度」の世界的不景気。

まるで晴天の霹靂のように襲ってきた恐慌に、
当社もご他聞に漏れず見舞われ、
後に創業以降初めての大幅欠損を出す結果となりました。

悪いながらも推移していた業績が本当に突然、
ストンと底なしの穴に落ちたようでした。

営業からは毎日のようにマイナス更新される売り上げ予想、
現場では容赦なく出荷止めが赤ペンで記入されていく伝票の山、
仕事が無く止まっていく設備。

あれよあれよという間に目を覆いたくなるような惨状が、
誰にも経験したことのない現実が投げつけられてきました。

「固定費を減らせ」

その指示のもと、社会現象にもなった「派遣切り」が行われました。
正社員より経験も生産性も優秀な方も多くいらっしゃいました。

「ともかく削減」

その厳命に非正規社員は成績に関わらず、退職いただきました。 
労務関係の事務をしている私のグループは、再就職支援・失業給付手続きなど、
できる限りの対応を精一杯行いました。深夜も休日も。

しかし会社を去っていく皆さんは、とても傷つき失望し、
正社員である私たちには冷たい態度をとられていました。

相手の心情を思えばそれもやむなしと思い、
こちらもひたすら辛い仕事に耐えていました。

そのような中、経験年数も長く職場でも大きな信頼を得ていて、
「次の機会には正社員に」と言われている事務職女性にも、
退職日が近づいてきました。

私は彼女にメールをしました。

「たくさん、貴方の仕事に助けられてきたのに、
 このようなことになってしまい、残念でなりません」

と。
目に見えない大きな力の前に、どうすることもできない悔しさと、
こんなに未熟な私が“正社員”の文字だけでこのような理不尽さから免れているのに、
彼女も好んで派遣になった訳ではなく時代の流れや様々な事情で“派遣”でいただろうにと、
そう思うとただただ申し訳なく、懺悔のような気持ちを伝えたいと思ったのです。

返信は期待していませんでした。 
ところが彼女から返信が届きました。

私は恐る恐るメールを開きました。
きっと罵倒の言葉が書かれているように思ったからです。

しかし、反対でした。 

「そんな風に思っていただいて光栄です^^。
 うれしくて泣いちゃいますよ−。派遣は派遣。
 会社が忙しいときにお手伝いできたならそれで幸せです」

泣いたのはこちらでした。 

自分が恥ずかしく、ひとまわり近く年下の彼女が、
なんて大人なのだろうと思いました。 

退職の日、お互いに涙でまともに言葉を交わすことはできませんでしたが、
彼女は一言「がんばって!」と強く握手して下さいました。

私は「貴方も」と、握り返すのが精一杯でした。 

だめでもともと。
事務職員が必要となったら、
一番に彼女に連絡をしたいと思います。 


皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]【最新作!日めくりカレンダー】のご案内です!


プチ紳士の日めくりカレンダーといえば、
シリーズ合計で1万2千冊の販売数をほこる人気商品です。

今年で5作目。

いつも制作担当をしている小島としても年々カイゼンを加え、
今年も素晴らしい日めくりカレンダーが完成いたしました!

(いかにメッセージに“一目ぼれ”をしてもらうかが、制作担当としての勝負なのです!)

今回、編集長志賀内と共作していただいたのは月刊紙「プチ紳士からの手紙」でも執筆を
担当していただいている比田井ご夫婦。

比田井ご夫婦といえば、
著書「私が一番受けたいココロの授業」(ごま書房新社)が、
シリーズ計17万部突破のベストセラーで有名です。

そこで、今回の日めくりカレンダーのタイトルは、
----------------------------------------------

    日めくりカレンダー

▲動画(1分間)で商品説明しております! ぜひ、ご覧ください。

----------------------------------------------

今回は、よりメッセージが心の残るように
文字の大きさにアクセントをつけ、見た瞬間に要点がわかるように
工夫いたしました。

日めくりカレンダー「ココロの授業 きょうの言葉」の紹介ページは、
動画で特徴を説明しています。ぜひ、動画もあわせてご覧ください♪

なお、過去4作もあわせてご購入されたい方は、
こちらが便利です。


さらに、「プチ紳士運動」がはじめて、という方には、
こちらがおススメ。


   -   -   -


《追伸(小島)》『中学校でアイデア授業を終えて…』


昨年、教育委員会からの派遣事業で、
愛知県内の中学校へ「アイデア授業」をしに、
行ってきました。

ワークショップなどを組み込み、
かなり盛り上がりがありました。

さて、最後の質問コーナー。

「年齢は?」
「年収はいくらですか?」
「倒産の危機はありましたか?」
「その眼鏡はどこで買ったのですか?」

まぁ、予想はしていましたが…、
授業とはまったく関係のない質問ばかり。

中学生だなぁと思いました。


皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


| たった一言で(第一回受賞作品) | 12:51 | - | - | pookmark |
たった一言で『帰ってきてくれてありがとう(第一回受賞作品)』


神奈川県大和市
名前:Nさん

★ハッピー賞★

<心に響いた「たった一言」>
帰ってきてくれてありがとう


<「たった一言エピソード」>
父が亡くなる7日前に言ってもらった言葉です。  

18才で家をでて、あちこち転々とし、実家に戻ったのは37才の時。
両親の反対を押し切ってしたはずの結婚に破綻して、子供二人連れて戻りました。

戻って3年後、1年間の入退院を繰返し父は癌で亡くなりました。  
私が戻ってからの両親の生活は、保育園の送り迎え、食事の仕度。

高齢の両親にすれば、それまでの生活とはうって変わったあわただしさ、
忙しさだったと思います。自分の事は後回しにする位。
  
もっと早く癌に気が付いていれば・・もっと早く手術していれば・・。
私が帰ってこなければもっと早く病院に行ったんじゃないか・・?

父の病気がわかってからずっと思っていました。  
亡くなる7日前の休日に、
めずらしく母が出掛けたのでお昼を一緒に食べました。 

「のどがごろごろするからお茶付けみたいなのが良いなあ」
「ええ?もっと精の付くもの食べたら?」
「いや、お茶付けで・・」 

簡単にお茶付けにして二人で食べました。 
父が一言、

「帰って来てくれてありがとう。
 孫とあんなにたくさん過ごせて幸せだった。この3年楽しかったなあ〜。
 お母さんと仲良くな。お父さんはこの先もずっとお父さんでおじいちゃんだからな」 
「え〜、急に何言ってんの〜」

なんて答えて良いのかわからずごまかしてしまいました。
その3日後に再入院そしてその3日後には亡くなりました。

お父さん、20年も親不幸しててごめんね、本当にありがとう。 
お母さんと仲良くすごしてるよ。

孫達も元気だよ。
だからずっと見守っててね。


皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。

   -   -   -


[ 2 ]【最新作!日めくりカレンダー】のご案内です!


プチ紳士の日めくりカレンダーといえば、
シリーズ合計で1万2千冊の販売数をほこる人気商品です。

今年で5作目。

いつも制作担当をしている小島としても年々カイゼンを加え、
今年も素晴らしい日めくりカレンダーが完成いたしました!

(いかにメッセージに“一目ぼれ”をしてもらうかが、制作担当としての勝負なのです!)

今回、編集長志賀内と共作していただいたのは月刊紙「プチ紳士からの手紙」でも執筆を
担当していただいている比田井ご夫婦。

比田井ご夫婦といえば、
著書「私が一番受けたいココロの授業」(ごま書房新社)が、
シリーズ計17万部突破のベストセラーで有名です。

そこで、今回の日めくりカレンダーのタイトルは、
----------------------------------------------

    日めくりカレンダー

▲動画(1分間)で商品説明しております! ぜひ、ご覧ください。

----------------------------------------------

今回は、よりメッセージが心の残るように
文字の大きさにアクセントをつけ、見た瞬間に要点がわかるように
工夫いたしました。

日めくりカレンダー「ココロの授業 きょうの言葉」の紹介ページは、
動画で特徴を説明しています。ぜひ、動画もあわせてご覧ください♪

なお、過去4作もあわせてご購入されたい方は、
こちらが便利です。


さらに、「プチ紳士運動」がはじめて、という方には、
こちらがおススメ。


   -   -   -


《追伸(小島)》『クリスマスケーキ』


クリスマスケーキのチラシが
ポストに入っていました。
近所でよく買うケーキ屋さんのチラシです。

そのチラシを次男が一生懸命に見ていました。
そして、食卓テーブルでコーヒーを飲んでいた私に近づいてきて、

次男「パパ、クリスマスケーキをきめたよ」

私「どれ?」

次男「これ!」

私「…。ママに聞いた?」

次男「まだ…」

私「きっと、ママはこのラインから下のケーキしか
   ダメって、いうよ、きっと」

次男は、チラシを持って、2階で洗濯物を干しているママの
ところへ駆けていきました。

そして、数分後、再び私のところに来て、

次男「ここが『2』のケーキしかだめだって」

私「だろう♪」

※『2』とは二千円台という意味

だいたい毎年食べきれないくせに
大きくて、派手なケーキを欲しがるのです。。。

“後処理”はいつも私。
そりゃ、年末は太るよ。


   -   -   -


| たった一言で(第一回受賞作品) | 08:19 | - | - | pookmark |
たった一言でコンテスト★ハッピー賞★ 『俺の目は治るんだろ。だったらそれでいい。終わりよければすべてよし(第一回受賞作品)』

愛知県名古屋市
ペンネーム:ねーさん


<心に響いた「たった一言」>
「俺の目は治るんだろ。だったらそれでいい。終わりよければすべてよし」


<「たった一言エピソード」>
忘れることのできない三年前の冬。 
我が息子は中学三年生の受験生、
二学期の終了式の日のことです。

通知表を見ながら、

「さぁ、明日から冬休み、頑張って勉強するぞ!!」

と気合をいれた後、

「左目が見えにくいんだよなぁ〜て言うか、あまり見えない?」

と言うのです。

「えっ? 見えないの? 何?
 どういうこと? おかしいなら眼科へ行かなきゃ」

ということで、夕方、近くの眼科を受診しました。
その時点では普段コンタクトを使用しているので疲れ目か傷か・・・
という程度にしか思っていませんでした。

が、視力検査をすると直ぐ私も呼ばれいきなり、

「網膜剥離です」

と先生に告げられ、

「今からすぐに名大病院に行って下さい。
 できるだけ早く、なるべく静かに震動を与えないように、
 走ったり、バタバタすると剥離が進むから」

何が起きたか訳がわからないままとにかく名大病院へ。
直ぐに入院、検査などして、左眼が4分の3剥離していて、
直ぐ手術が必要であることや手術の方法等、
いろいろ医師からの説明を主人と息子と三人で受けました。

翌日、手術、とにかく安静に、そして網膜を定着させるために、
最低一週間は真直ぐ上を向いて寝ていなくてはいけない!!

もちろん勉強なんてできないし、していいわけもなく、
トイレと食事のときだけ起きてもいい。
後は、ただただ一日中ベットで上を向いてじっとしているだけ。

それまで、息子なりに高校受験に向け頑張って勉強し、
さぁ、冬休み最後の追い込み、頑張るぞ!! というとき。

まさに青天の霹靂。

周りの皆が必死で勉強している時期、
じっとベットで寝ていることしかできない息子、
彼の気持ちを考えるといたたまれなくて・・・。

でも、息子は何も不平不満を言うことなく、先生の言いつけを守り、
看護士さんにも私たち家族にも穏やかに接し、治療に専念していました。
私たちはとても救われました。

でも・・・本心は?息子に聞いてみたのです。

「真面目に一生懸命頑張ってきたのに、
 何でこの時期に? とか、何で俺だけが、とか・・・ 
 イラついたり、腹が立ったりしないの?」

って、そうしたら、

「俺の目は治るんだろ。だったらそれでいい。
 終わりよければすべてよし」

と、一言。

私は言葉を失いました。
そして息子のその一言に救われました。

きっと心配させまいと、また自分にも言い聞かせて言ったのでは・・・と思いました。
でも、本当は大声を出して泣き叫びたかったことでしょう。

その年の大晦日は、私と二人病院で越し、元旦には二人で初日の出を見ました。
その後、受験、再手術、入院、本当によく頑張ったと思います。

でも泣き言は一言も言わず、どんなことも前向きに考え乗り越えていってくれました。
支えるはずの母が息子に支えられました。




皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。


   -   -   -


[ 2 ]【最新作!日めくりカレンダー】のご案内です!


プチ紳士の日めくりカレンダーといえば、
シリーズ合計で1万2千冊の販売数をほこる人気商品です。

今年で5作目。

いつも制作担当をしている小島としても年々カイゼンを加え、
今年も素晴らしい日めくりカレンダーが完成いたしました!

(いかにメッセージに“一目ぼれ”をしてもらうかが、制作担当としての勝負なのです!)

今回、編集長志賀内と共作していただいたのは月刊紙「プチ紳士からの手紙」でも執筆を
担当していただいている比田井ご夫婦。

比田井ご夫婦といえば、
著書「私が一番受けたいココロの授業」(ごま書房新社)が、
シリーズ計17万部突破のベストセラーで有名です。

そこで、今回の日めくりカレンダーのタイトルは、
----------------------------------------------

    日めくりカレンダー

▲動画(1分間)で商品説明しております! ぜひ、ご覧ください。

----------------------------------------------

今回は、よりメッセージが心の残るように
文字の大きさにアクセントをつけ、見た瞬間に要点がわかるように
工夫いたしました。

日めくりカレンダー「ココロの授業 きょうの言葉」の紹介ページは、
動画で特徴を説明しています。ぜひ、動画もあわせてご覧ください♪

なお、過去4作もあわせてご購入されたい方は、
こちらが便利です。



さらに、「プチ紳士運動」がはじめて、という方には、
こちらがおススメ。


   -   -   -


《追伸(小島)》『子どもが寝入るまでは…』


うちの子供たちは、
9時過ぎには寝るようにしています。

お風呂から出て歯を磨いて、
二階の寝室に上がっていきます。

階段を上がり、ベッドに入ったな、
という頃に階段の照明を消します。

ある日のこと。

妻が子どもが寝に二階に上がった後に、
レンジでパンを焼き始めました。
自分で食べるためです。

そして、チン!

焼き終わる音が鳴った途端、
次男が降りてきました。

次男「なんか、レンジのおとがしたけど…」

こういう音には敏感な次男。

また、こういう時の大人の言い訳は
“身勝手”なもので、

妻「いいから、早く寝なさい!」

質問に答えないばかりか、
少し切れ気味。

やっとほっとできる時間を“邪魔”されると、
人は普段以上にイライラするようです。。。


   -   -   -


| たった一言で(第一回受賞作品) | 08:20 | - | - | pookmark |
★ハッピー賞★『「危機」とは「危険」と「機会」の両方なんだ。(第一回受賞作品)』

 ◇たった一言でコンテスト

愛知県名古屋市
ペンネーム:えんちゃん


<心に響いた「たった一言」>
「危機」とは「危険」と「機会」の両方なんだ。


<「たった一言エピソード」>
建設機械メーカーで駆け出しの営業だった頃の私。 

ある日、お客様のところで

「競合メーカーも君のところのヒット商品を
 真似した商品を来年発売するらしいよ」

というショッキングな話を聞いた。

「課長、大変です。T社が来年、
 うちのF304を真似した新商品を発売するそうです。
 これは大変な危機ですよ」
 
帰社早々、真っ青になって報告する私に対し、課長が一言。 

「危機とは危険と機会の両方なんだ」 

ピンチはチャンス。
業界大手のT社が真似するということは、
それだけ認められたということ。

世の中の認知が進み、市場が拡大する。
その中でしっかりと営業できれば
必ず売上が伸びるという教えだった。 

数年後、確かに課長の指摘通りの結果が出た。

上に立つ者は浮き足立ってはならない。
物事の明るい面を見て、部下を勇気付けないといけない
という大切なことを学んだ貴重な一言だった。 


皆さんからのお便りが私たちの原動力です。
お便りお待ちしております。このメルマガの返信メールでもOKです。

   -   -   -


[ 2 ]【最新作!日めくりカレンダー】のご案内です!


プチ紳士の日めくりカレンダーといえば、
シリーズ合計で1万2千冊の販売数をほこる人気商品です。

今年で5作目。

いつも制作担当をしている小島としても年々カイゼンを加え、
今年も素晴らしい日めくりカレンダーが完成いたしました!

(いかにメッセージに“一目ぼれ”をしてもらうかが、制作担当としての勝負なのです!)

今回、編集長志賀内と共作していただいたのは月刊紙「プチ紳士からの手紙」でも執筆を
担当していただいている比田井ご夫婦。

比田井ご夫婦といえば、
著書「私が一番受けたいココロの授業」(ごま書房新社)が、
シリーズ計17万部突破のベストセラーで有名です。

※プロフィールは文末でご覧にいただけます。

そこで、今回の日めくりカレンダーのタイトルは、
----------------------------------------------

    日めくりカレンダー

▲動画(1分間)で商品説明しております! ぜひ、ご覧ください。

----------------------------------------------

今回は、よりメッセージが心の残るように
文字の大きさにアクセントをつけ、見た瞬間に要点がわかるように
工夫いたしました。

日めくりカレンダー「ココロの授業 きょうの言葉」の紹介ページは、
動画で特徴を説明しています。ぜひ、動画もあわせてご覧ください♪

なお、過去4作もあわせてご購入されたい方は、
こちらが便利です。


さらに、「プチ紳士運動」がはじめて、という方には、
こちらがおススメ。


【比田井和孝・美恵】プロフィール
長野県上田情報ビジネス専門学校校長(美恵)と副校長(和孝)。
学生の人間性を高めるために、「あいさつ、掃除、素直、禁煙」に
本気で取り組んでいる同校は、各種教育機関からの注目を集め、
全国からの見学者が後を絶たない。
和孝が学校で行っている授業の実録をまとめた
著書「私が一番受けたいココロの授業」(ごま書房新社)は
シリーズ計17万部突破のベストセラーとなり、全国から講演依頼が殺到。
同校での授業もするかたわら年100回の講演をこなし、
受講者は40,000人を越えた。


   -   -   -


《追伸(小島)》『ママ、たいふうがきたよ!』


ある週末のこと。
土曜日に台風が東海地区に接近する予報でした。

土曜日の朝も朝食を食べながら、
家族でそんな話をしていましたが、
外はとても穏やかな天気。

妻「台風、本当に来るのかなぁ」
私「そうだねぇ〜」

そして、朝食後、
私はコーヒーを飲みながら新聞を読み、
妻は洗濯をしていると、
家の前で遊んでいた次男が
家の中に飛び込んできました。

次男「ママ、たいふうがきたよ! たいふうがきたよ!」
妻「えっ、ほんと!?」
次男「だって、まるいくもがほらっ!」

妻は次男と一緒に外にでて見てみると、
確かに丸い渦上の雲が見えました。

しかし、そんなわけありません。。。
そこで妻は、

妻「ほんとだ、台風に見えるね。
   でも少し小さいかな」

と言いました。

(えらいねぇ〜)

私だったら最初から、

「あほか、そんなわけないやろ!」

と外にも見に行きませんが…。

子どもの相手をするママたちは日頃から大変だ。
まぁ、最初からママを呼ぶあたり、

子どもは私に期待していないか。。。


   -   -   -


| たった一言で(第一回受賞作品) | 08:04 | - | - | pookmark |
| 1/6PAGES | >>